HOMEe-野菜村日記
2016.05.21 
耕耘機で作業していたら、往く手をサッと横切る小さな影…鳥のヒナが機械の轟音に驚いて逃げ惑っていましたm(。≧Д≦。)mスマン!!
慌てて保護したら、又、一匹が…

どうも、雲雀 (ヒバリ)のヒナの様です…手の平に、チョコンと乗るサイズ、啼きもせず振るえていました。
あ、そりゃそ〜か…彼ら (彼女等?)からしたら、生殺与奪を他者に完全に掌握され、どうなるか判ったモノではないこの状況…生後数週間でのこの仕打ちは相当なストレスですよね。。。

相手の立場に立って考えなきゃならんよね…勉強になりました♪

ぁあ〜川の流れの様に ゆるやかに いくつも 時代は過ぎてぇ〜
ぁあ〜川の流れの様に とめどなく 空が黄昏に 染まるだけぇ〜

2016.05.20 
ジャガイモも花盛りです♪
花が終わって2〜3週間後、下葉が黄色くなってくるころが、収穫適期のひとつの目安なんだそうな。順調に来ています♪

植物は、花や種子に優先的に栄養を与えようとするので、花に栄養が行ってしまう分、ジャガイモとなる地下茎への栄養が少なくなるのかな?と調べてみたら…ジャガイモの場合は、それ程大きく影響する訳では無いそうで…特に必死になって摘まなくても良いそうです。

因みに、ジャガイモの花言葉は「慈善」「慈愛」「情け深い」「恩恵」なんだそうです。
「いつくしむ気持ち」…常日頃から大事にしたいモノですね(* ̄- ̄)b

2016.05.19 
ズッキーニの花が咲きだしています♪
Taskファームでは「花」としては出荷しませんが、ズッキーニの黄色い花は、中に具材を詰めて揚げるか炒めて料理されるそうです。

夏場の炒め物に最適な一品のズッキーニ♪そちらをチャクチャクと準備中です♪

花の影に小さなズッキーニが着いていますが、まだまだ小さいですね。。。
出荷までにはもう少し、お時間を頂戴する事になります(-人-)


さて、このズッキーニですが、外観はキュウリに似ていますが、カボチャの仲間に分類されるそうです。

キュウリ…ウリ科キュウリ属
カボチャ…ウリ科カボチャ属
ズッキーニ…ウリ科カボチャ属

ちなみに花言葉は「ほのかな恋」なんだとか…「ほのか」というには大胆な形状に映るんだけどなぁ…(-ω-;)

2016.05.18 
先日のナスに続いて、ピーマンの苗を植えました♪

写真の作業は、苗が風で倒伏して折れない様に、支えるヒモを渡している所です。
ヒモが絡み合って、遅々として作業が進まない…汗が目に染みる、そんな炎天下の苗植えの様子です・・・(゚_゚i)・・・

「よっこいしょっ!」が口癖の彼も、そんなイガイガした気分で作業している筈!??

2016.05.16 
ナスの苗を植えました♪

このナスは、30cmを超える位に長くて細い品種です。
実も皮も軟らかく、油と相性が良いので、漬物より火を入れる料理が向く様です。

パッと思い付いたのが、「麻婆ナス」かな?あぁwww、おなか減ってきた(((=^〜^)o

【参考】
http://www.shonai-nippo.co.jp/square/feature/food/nf65.html

2016.05.14 
Taskファームは名古屋の東に位置する長久手市にあります。同市は、なんでも「快適度日本一」の街なんだとか…!??♪Σ( ̄□ ̄;
【参考】;
http://toyokeizai.net/articles/-/84398?display=b

帰路、西の空を見ると、夕焼けに染まる長久手の向こうに名駅のツインタワーや高層ビル群、その向こうに伊吹〜鈴鹿山脈がシルエットに…そんな大?都会と自然豊かな長久手の対比が新鮮です。

さ、余計な事言ってないで、明日も頑張ります!!

2016.05.13 
暑いぃwwwww!抜ける様な碧い空…そして、陽射しは夏のソレに確実に近付いています(; ̄ー ̄A

暦の上では立夏から立秋の前日迄が「夏」なんだそうで、今年の場合、5/5が「立夏」でしたので、もうシッカリ夏なんですね。。。

遮るモノの無い陽射しを背中に浴びて、したたる汗を拭いながら、サニーレタスを収穫しています♪
そんな「夏の薫り」を皆様の食卓で感じて頂けましたら幸いです♪

2016.05.11 
新タマネギが好調です♪

スーパーでは、通年棚から消える事が基本無いタマネギですが、新タマネギはこの時期 (3〜5月頃迄)だけに出回る旬の味覚なんです。

瑞々しく甘みが強いのが特徴で、水に晒さなくてもオニオンスライス等で生で食べられます♪
特にTaskファームの今年の新タマネギは、瑞々しく味のしっかり乗った出来に仕上がって来ております♪

この時期だけの旬を一度お試しあれぇ〜ヾ(^^ )

2016.05.10 
キュウリの苗を植える前に、ツタを絡ませるネットの張り具合をチェックしています。

遠目に見ると、まるで「指揮者」の様ですね(゚_。)?
はてさて、今年のキュウリはどんな夏の薫りを奏でるのでしょうか?今から楽しみですね♪

2016.05.09 
トラクターで耕耘中の一コマ。

この狭いアーチトンネルの中での操縦…凄く神経使う作業の最中に「笑顔でガッツポーズ♪」…出来る漢は苦労を見せない訳ですね♪参考になります!??

2016.05.08 
不定期に開催されるTaskファーム名物「たこパー♪」…ランチに会長御自ら「たこ焼き」を焼きます♪

小生、あまり料理は得意では無いので、人が料理している所を見るのは大変好きです。
具材は、タコは勿論の事、変わり種でシーチキンやらコーンやらなにやら…

個人的に好きだったのは、練り梅を隠し味的に入れるヤツですね♪意外な組み合わせがグッと来ます(* ̄- ̄)b

あぁ、食べるのに夢中で、みんなでワイワイ食べてる肝心の写真が無いみたいです。。。さて、次回はいつなのかなぁ〜待ち遠しいです♪

2016.05.02 
GWもなんのその…眩し過ぎる太陽の下、里芋の種イモを頂戴しにお知り合いの農家さまを訪問しました。

少し遠足気分で油断してたのですが…いやぁ、まさかあんな超重労働になるとは…

作業は、種イモを掘り起こし、一度持ち上げて地面にドスン!こ〜する事で、土と種イモが衝撃でバラける訳なんですが…

この土塊…もう笑うしかないってくらい、重いんです(ノω・、)そして、これを何回も…うぅ〜腰が…

2016.04.29 
収穫された野菜は、袋詰めして仕分されていきます。

そんな現場の「厳粛な雰囲気」が伝わっていますでしょうか?

2016.04.27 【番外編】@叶テ岡茶市場 
新茶の季節到来です♪休暇を利用して、新茶取引の舞台「叶テ岡茶市場」の見学ツアーに参加して来ました♪

一般人は普通、こ〜いった取引現場にはなかなか入れないので貴重な体験です。
現場では、生産者側と茶商らがそろばんを手に新茶の価格交渉をする「相対 (アイタイ)取引」を間近で見れて、その新堅な雰囲気に圧倒されそうでした♪

このスマホ全盛の時代に、いまだに「そろばん」…そして、お茶の機器分析するんじゃなくて、あくまで経験を頼りに品評するスタイルは意外に感じました。

ここで取引されるお茶は、農家で摘んだ後に機械で揉んだ「荒茶」です。それらを購入した茶商が(ブレンドしたりして)加工したモノが「仕上茶」と呼ばれ、一般に我々が買って楽しむお茶になるんだとか(* ̄- ̄)b

今春は雨が少なく、4/中以降、急に暖かくなったので、新茶の出荷が一度に増えたので、取引価格も安価に推移しているそうです。

又、日本の食文化が欧米風に変わってしまった昨今では、お茶の価格は、お米と同様に低迷し続けており、この静岡茶市場でも取引額は旺時の1/3以下に減っており、業界としても「厳しい」の一言だそうです(T_T)

事実、商談成立時に「三拍子手を叩く」んだそうですが、その拍手の音は確かに聞こえず、会場内は大人数で賑々しく見える反面、旺時の賑わいは昔の事なんだとか(T_T)

元々お茶は「坊さんの眠気覚まし」として日本全国に広まった…なんて蘊蓄話〜「荒茶」の官能試験の作法、試飲比較〜かつての景気が年々低迷して今に至る迄の市況等…相談役から直々にお話を聞かせて頂き、勉強になりました。


相対取引の会場では、帽子の色でどの立場の方か識別出来ます。
緑:生産者 (or JA関係者)
雨:茶商
黄:市場職員

2016.04.26 
ブルーベリーといえば「目に良い」とか「ジャム」…位しか連想出来ず、紫色のイメージが強かったのですが…

ブルーベリーの花が、白く可憐な花なんだ…と正直驚きましたw( ̄△ ̄;)w
こんな白くかわいい花を咲かせる事から、花言葉の「思いやり」なんだとか…あやかりたい?ものです。。。

2016.04.21 
今春の「ちぢみ小松菜」の収穫も、そろそろ終盤です(ノд-。)

「ちぢみ小松菜」は、葉っぱがちぢんでいるのが特徴なんですが、普通の小松菜や他の野菜に比べてカルシウムが非常に多いそうで、ホウレン草の5倍のカルシウムが含まれているんだとかw(*゚o゚*)w

2016.04.19 
昨シーズンのネギですが、「ネギ坊主」が出ちゃいました。

この「ネギ坊主」…左みたいに開いたのはダメですなんですが、右の様に咲く前のネギ坊主は天プラとか炒め物にして食べるのがオススメだとか!
スーパーでは買うことが出来ず、農家しか食べらんないレアものかも!?

試しに生のネギ坊主をかじってみましたが、青臭さは殆ど無く、ネギの香り豊かで瑞々しかったです。
なるほど、一度「ネギ坊主の天プラ」、挑戦してみたいですねヽ(´∞`)ノ

2016.04.18 
あいちの伝統野菜「越津ネギ」の植え付けを行いました。
今後、土寄せを数回行った後、収穫は秋口以降になると思います。

越津ネギは、茎の白い部分、葉の青い部分も双方共柔らかいので、おいしく召し上がれます。
鍋料理やすき焼きには欠かせない食材なんだとか…夏もまだ来ていないのに、その先の季節のお話…それ位、栽培期間が長いって事をお伝えしたかったんですf(^_^;


【参考】
http://www.jeinou.com/technology/2014/05/20/092000.html

2015.10.14 
冬野菜に忍び寄る雑草を機械で一気に刈り、土を覆い被せているところです。

こういう細かい草を放っておくと、後々大変なことになるので草がまだ小さいうちから対応します。

圧巻。

2015.05.12 
爽やかな辛味、香り、その奥にある甘みが抜群な
新玉ねぎが登場‼



P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13
[編集]
CGI-design