HOMEe-野菜村日記
2016.07.21 
写真を見て、思わず目を細めた自分に気付くと同時に、日々、こんな貫かれそうな陽射しの下、農作業をしているのか…と改めて戦慄しました(*_*)

皆様も熱中症対策等の「暑さ対策」しかり、夏野菜をしっかり摂って夏バテ予防もしっかり講じて夏を乗り切りましょう!

2016.07.20 
ひょうたん型のカボチャ「バターナッツ」の初物見参!!w( ̄Д ̄;)w

名前の通り、ナッツのような風味とねっとりとした果肉の食感が売りのカボチャです。
又、繊維質が少なく、裏ごし不要でポタージュにする事が出来る一品で、皮が薄くて調理前の加工のし易さも受けている様です♪

【参考】
http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/vegitable/Butternut.htm
農家的には、『バターナッツは固定種なので、食べた後、取り出した種を翌年蒔くとちゃんとバターナッツが出来る』って話の方にも興味をソソられますね♪


今年は、個人的に、このバターナッツでポタージュを極めてみたいと思っておりますヾ( ̄▽ ̄

【参考】
簡単「バターナッツかぼちゃ」の皮の剥き方と切り方。
http://macaro-ni.jp/20678

濃厚♪バターナッツ南瓜のポタージュ
http://cookpad.com/recipe/2740916

2016.07.19 
オクラももう一伸びで収穫出来そうですね♪
今年は、このネバネバ食材を用いた「冷や汁」に挑戦したいと思っています♪

【参考】
「オクラの冷や汁」
http://www.nhk.or.jp/fukuoka/cooking/gurutto/110805.html

「冷や汁」のルーツは鹿児島県らしいそうで、それが江戸時代に参勤交代の時に、宮崎、大分、広島と愛媛県等にも伝播して行ったみたいです。
そんな元々は火の国九州の夏の食べ物「冷や汁」にオクラを加えて、夏バテ予防の為にもズズッと啜る夏の味を楽しみたいですよね!!?

2016.07.18 
この日、九州から東海まで一斉に梅雨明けが宣言されました!
本格的な夏の到来となる訳ですね!

今年の様な梅雨明けパターンは気象学?的には「前線消滅型」に分類されるそうです。
この「消滅型」の場合、梅雨明け後も安定した晴天は続かず、雲の広がる事が多いとか…。

梅雨の間もそんなに雨が降ってた記憶も乏しく、又、今後も曇天が多い傾向とか…天気にヤキモキしてしまう2016年の夏になってしまうのでしょうか?

【参考】
今年の梅雨明け 前線消滅型?
http://www.tenki.jp/forecaster/diary/r_fukutomi/2016/07/18/48161.html


そんな中、植えたばかりのキュウリのアーチ内に蝉が迷い込んでました。
「地上で活動出来る時間も数日の蝉が、そんな所で幽閉されているかの様な構図」が、なんともシュールでした。。。(ノ_-。)

はてさて、今年の夏はどんな感じになるのでしょうか?

2016.07.17 
次作の為に、堆肥を畑に広げて「土づくり」の下準備中です♪
この後、トラクターで耕耘して土と馴染ませて行きます♪

秋〜冬の野菜の出来を左右する重要なお仕事なので、勿論真剣勝負中です!

梅雨明けはいつ頃なのでしょうか?夏本番を待たずに、その次を見据えた施策…農家はいつでも天候との駆け引きでテンテコ舞いです(〃゚д゚;A

2016.07.16 
カボチャのロロンも大きくなって来ました♪
写真では判り難いですが、「ラグビーボールより一回り程小さい」大きさに育って来ております♪

収穫迄はもう一息でしょうか!?もう暫くお待ち頂きたく存じます(*・人・*)

2016.07.15 
オクラの花が咲き誇っています♪少し南国調のエキゾチックにも感じるその薄黄色の花弁に魅了されそうです。

調べてみると、オクラの花言葉は「恋の病」「恋によって身が細る」…なんだとか゚◇゚)?ホンマかいな!??

夏バテ予防にも期待されるネバネバ食材のオクラの花の時代は、なんと「乙女チック」であることか!??

【参考】
http://matome.naver.jp/odai/2135234070320319801/2135235272222214903

2016.07.14 
「十六ささげ」の出荷が始まりました♪

十六粒程の豆が入っているからこの名前が付けられたという説がありますが、実際にはもっと沢山の豆が出来る事も多いそうです。

この「十六ささげ」は、愛知県と岐阜県を中心とした地域で主に作られ、愛知県では「あいちの伝統野菜」、岐阜県では「飛騨・美濃伝統野菜」として認定されているそうですヽ(´〜`;
地産地消も兼ねまして、一度お召し上がり頂きたい一品です♪

【参考】
http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/vegitable/sasage.htm

2016.07.13 【番外編】@愛知県体育館 
大相撲名古屋場所…初めて見て来ました♪

元々は神事だった相撲…その名残でしょうか、会場は一種張り詰めた空気に包まれている様でした♪

さてさて、今場所は横綱白鵬の3場所連続優勝なるか、そして、史上3人目の大記録「通算1000勝」が達成されるのか?
はたまた大関稀勢の里が優勝し横綱昇進なるか?他にも色々、話題の様ですね♪

夏場の開催となって、とりわけ気温が高いことで知られる名古屋ということもあり、「熱帯場所」やら「南国場所」の異名をとり、暑さのため体調管理が難しいことから調子を落とす上位力士も多いのが、この「名古屋場所」なんだとか…ヽ(~〜~ )ノ確かに蒸し暑い名古屋の夏を満喫?出来た一日でした…。

【参考】
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AC%E5%A0%B4%E6%89%80#.E5.90.8D.E5.8F.A4.E5.B1.8B.E5.A0.B4.E6.89.80

2016.07.12 
初夏の輝かしい日射しを浴びて、「庄屋長ナス」も益々伸長してきております。

弊ファームの貴婦人の御手に抱かれる艶やかな長ナス♪
その長さもさる事ながら、やはり果肉の滑らかな舌触りを、是非共お試し頂きたいです!

煮浸しにもオススメですね♪

2016.07.11 
金時草 (キンジソウ)、又の名を水前寺 (スイゼンジナ)が収穫間近です♪

金時草はキク科の多年草でして、葉肉は高貴なキク科特有の上品な香りがします。
特徴としては、やはり「表面が濃い緑色に対し、裏は鮮やかな紫色をしている」点ですね♪

一部では、料亭 (?)とかで使われる「高級食材」との誉れ高い野菜みたいです。
一度、天ぷら等でお試し頂きたい一品でございます。

【参考】
http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/vegitable/kinjisou.htm

2016.07.10 
その野菜、シシトウにあらず!

「万願寺」が大きくなって来ています♪
京都府が特に選定した「京の伝統野菜」に準ずる野菜として指定され、その大きさから「とうがらしの王様」とも呼ばれているそうです。

「〜とうがらし」と呼ばれてはいますが、決して辛くはないので、弊ファームでは素焼きして醤油を垂らしたり、天ぷらにしてお召し上がり頂く様にオススメしております♪
ピーマンとは一味違う「夏の味」…一度、お試し頂きたい一品です♪

【参考】
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%87%E9%A1%98%E5%AF%BA%E3%81%A8%E3%81%86%E3%81%8C%E3%82%89%E3%81%97

2016.07.09 
テッセン (鉄線/鉄仙)が咲き誇っています♪

テッセン…「つる性植物の女王」とも呼ばれるクレマチスの1種で、花が大きく観賞価値の高い品種です。
花言葉は「精神の美」「旅人の喜び」「策略」…弊ファームに相応しい気もしないでもないですね、ウンウン(-。-)y-゜゜゜

皆様の旅路の幸福を切に願わねば…そんな「送り出し」の気分を携えた花なのでしょうか…??!

弊ファームの色々な野菜を日々送り出し、出荷させて頂いている訳ですが、瑕疵無く、無事に皆様の食卓に届きます様、願って止みません。
そして、お召し上がり頂き、お楽しみ頂けましたら幸いです<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

2016.07.08 
ブルーベリー、色付いて来ましたよ♪

このブルーベリー、春は「可憐な花」〜夏は「果実が緑・赤・青と遷移」〜秋は「鮮やかな紅葉」と、彩り豊かな植物なんだな…と改めて感じます♪

【参考】
http://japanblueberry.com/info/base.html

2016.07.07 
黄うり (キナウリ)…正式には「マクワウリ」を申す者、収穫なりけり♪

七夕の夜に、色々思う訳です。。。

弊ファームの会長曰く、「食べ易い大きさに切って、醤油をサッと振るだけで、ご飯が何杯でもいける!ヽ(´益`)ノ 」と言わっしゃるのですが…
う〜〜〜〜ん…、フルーツ的に食後に食べるのなら兎も角、オカズとしては…小生にはど〜も悩ましい一品です♪

お隣、韓国では野菜や果物を火を通さず生のまま和えた料理「センチェ」の一品として人気の様ですね。。。

【参考】
http://ameblo.jp/dolkore/entry-11588025950.html

2016.07.06 【番外編】@長野県 川上村 
このブログ担当の筆者は、2年前、長野県東部の川上村のレタス農家で働いていました。
その川上村をチラッと訪問して来ました♪
ちなみに、宇宙飛行士の油井 亀美也氏がこの村出身の様です♪

八ヶ岳の裾野に広がる川上村の各圃場は、この季節、白マルチに覆われているか、レタスが覆っているかのどちらかですね。。。或る種、異様に映るかもしれません。。。一度、航空写真で見てみたいです♪

標高1,100 (m)超の同村は、その高原特有の冷涼な夏場の気候を活かし「高原レタスの産地」として知られ、1戸当たりの年間販売額はおよそ3,000 (万円)と高い事から、「奇跡の村」と呼ばれています。

レタスの収穫が始まる7月頃からは、「100日戦争」と呼ばれる超繁忙期で、ヘッドライトを点けて深夜の2〜3時頃から収穫が始まります(-_-;)
兎に角、体調管理が大変なのです。。。2時台から収穫と言う事は、何時に寝て何時に起きなければならないのか…判ります?

そんな「奇跡の村」でも過疎化の波は都市圏以上に深刻な様です。色々を考えちゃいますねぇ…

【参考】
地方がおびえる女性流出 因習が重荷、打破へ一歩
http://style.nikkei.com/article/DGXMZO04692620R10C16A7TZD000/

2016.07.05 
連日の猛暑日…夏空が憎らしくも…もう溶けそうです(-"-;A ...なんでこんなに快晴続きなのか…

いやいや、野菜の事を想えば、こっちの方が良いのか…悩ましい限りです。。。

2016.07.04 
「陽射し」が文字通り「射る」様です(〃゚д゚;A

こちとら、汗で全身ベタベタでヘロヘロなのに…ピーマンくんはその日光を浴びてタワワに成っています♪見習わねば…

2016.07.03 
表面に細かい亀裂が出来て、それが修復されると網目に…メロンってこうやって網目模様が出来ていくんですね!知らなんだ…

「マスクメロン」の名前の由来が、網目のマスクを被っているから…というのは誤解で、そのムスク(musk)のような良い香りが語源なのは知ってたのですが…

フムフム、又、一つ勉強になりました♪

【参考】
https://www.pref.shizuoka.jp/sangyou/sa-360/shoukai/shizuokayasai/melon/yurai.html

さてさて、いつ頃、その芳醇な果実を堪能出来るのか、今から楽しみです♪

2016.07.02 
首をなが〜くしてお待ち頂いていた方々もいらっしゃるのではないでしょうか??
庄屋長ナスが穫れだしました♪

この「長ナス」…その舌触りが特徴ですね(*´σー`)
豆腐で例えるなら、木綿でなくて「絹ごし」のその舌触り♪

シンプルに焼きナスでお召し上がり頂くと、その違いが判る筈です。

またまた大袈裟に…と思いながら、焼き長ナスを食べてみてビックリでしたw(*゚o゚*)w

この機会に、みなさまにも是非共お試し頂きたい一品でする!!

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13
[編集]
CGI-design